About

エントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「DVになる背景 No,2」です。

次の投稿は「DVの問題性」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

          

« DVになる背景 No,2 | メイン | DVの問題性 »

DVとは・・

DVとは、
 英語で、【omesticiolence】
  【ドメスティック・バイオレンス】の、頭文字を取ったものが、【DV】と略される。
  単語の意味は、domestic ・・ 家の/家事の  violence ・・ 暴力
  合わさって、いわゆる、家庭内暴力の意味である。

 家庭内暴力、DVの明確な定義はありませんが、
  一般的には、
  親密な関係にある、男性から女性、あるいは、その逆の、女性から男性に対して、
  振るわれる暴力を指します。

  これは、夫婦間だけでなく、交際中の恋人同士、親子間も含まれますが、
  人によって、異なった意味に受け取られるおそれがあるため、
  内閣府では、夫婦間の暴力を、【配偶者からの暴力】という言葉を使っています。

  また、報道では、女性から男性への暴力を、【逆DV】
  交際中の男女の暴力を、【デートDV】などと呼び、
  夫婦間のDVと、間違わないような工夫をしています。

 つまり、DVは、夫婦間の暴力だけと思っている方が、多いということで、
  相談窓口には、男性は行けない、また、結婚していなければ、相談できないと、
  間違った解釈をされている方もいます。

 この機会に、ぜひ、覚えてください。

                    ◆ DVとは・・ のトップに戻る



コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)